【JAPAN JAM 2019】チケットがご丁寧に箱で届いたんだが、、

来月のGWに開催される『JAPAN JAM 2019』のチケットが届きました。

本当は4/6(土)に送付されていたのですが、完全に忘れていて何となく思い出し再配達を依頼してギリギリ受け取ることが出来ました。

今回は、『JAPAN JAM 2019』のチケットの中身について書いていきます。

スポンサーリンク

JAPAN JAM 2019のチケットをチェック!!

① チケット

まずは一番大事なチケットについて

本当はチケットの写真も載せたかったのですが公演前なので掲載は控えました。

というかもうチケットだけでいいでしょう。確かにモノとして残るのはいいのですが、如何せんいいと思えるものが入ってないんです。送られてきても困るものばかりなんです。その分送料とか特典の分チケットを安くしてほしいですよね。

② パンフレット

中身は、禁止事項や会場へのアクセス、去年の会場の様子の写真などで公式HPに載せておけばいいだろうという情報ばかり。こういうのを見ていると何だか印刷会社との癒着があるんじゃないかと勘ぐってしまいます。

正直これいらないでしょう、はっきりいって。ペーパーレスの時代を敢えて逆行している理由を教えて欲しいです。

③ シール

このシールもねぇ、、どこに貼ればいいんすかねぇ。

フェスとしてブランドパワーが無いので貼ってもダサくなるんですよね。もうトランクとかに貼って目印にするくらいしか自分は思いつきません。

④ クリーニングクロス

ここまで批判ばかりしていましたが、このクリーニングクロスについてはありがたかったです。というのもちょうど眼鏡拭きが欲しかったので、これを使っていきたいと思います。

使い古して捨てても何の問題もないので、いいですよね。好きなアーティストのグッズだったら絶対に使わずに保存していましたが。

スポンサーリンク

余談:箱入りはもうやめて欲しい!

Jan SteinerによるPixabayからの画像

先述でも触れましたが、やっぱり箱で送ってくるのならその分チケット代を安くして欲しいんです。

会場が千葉市蘇我スポーツ公園なので遠いんですよね。電車賃結構かかるんですよ。そういうところも考慮して頂きたいんです。

まぁロッキン主催のフェスではお馴染みの箱入りチケットになっているので、無くなることはないでしょうね、、

最後までご精読して頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事