Pick Up
コードギアス 復活のルルーシュ見たけどファンが望んでたのってこれなのか※ネタバレあり

3/23(土)"コードギアス 復活のルルーシュ"を観に行ってきました。

アニメ終了から約10年経ってからの完全新作映画とあって、公開が発表された時話題になりましたよね。

今回は、そんな "コードギアス 復活のルルーシュ" を観た感想を書いていきます。

※ネタバレありなので、まだ観てない人はご注意願います。

スポンサーリンク

期待して"コードギアス 復活のルルーシュ"を見た結果、、

復活のルルーシュだから生きているっていうのはわかるけど、、

復活の仕方が安直なんですよね。取り敢えずCの世界に行ってルルーシュの意識を取り戻そうとして成功する。上映時間が限られているからしょうがないとは思いますが、腑に落ちず。

この映画の内容もルルーシュの意識を取り戻すことをメインテーマにすればよかったのではないでしょうか。コードギアスらしさを一本の映画に無理やり詰め込んでいるようで、窮屈さを感じました。

あと、やはり劇場総集編3編を見ていないと理解できな部分(ルルーシュの遺体回収など)があったのでそこは勉強不足でした。なので、追加でBDを見ることにします↓↓

面白いと思ったシーンについて

ナナリー救出作戦時ですが、作戦の手の内がバレていてここからどうやってこの窮地を打開するのかと観客に思わせて、観客が思わず見入ってしまう演出はさすが。そもそもコードギアスが面白いとされていたのが次回へのつなぎ方で、見る人を惹きつける話の構成に感心しました。

でも戦略家としてのルルーシュを描くのであるなら、敵に智将を据えて欲しかったです。相手のギアスのパターンを絞り所は結構端折ってましたよね。

あとナイトメア同士の対決って言うほど必要なんですかね。コードギアスがヒットした理由の要因にもあまり関係ありませんし、秀逸なデザインの機体もありません。完全にファン向けの映画なので、女性ファンが多いアニメだということも踏まえて戦闘シーンは減らした方がよかったと思います。

ルルーシュの嫁が決まったけど、これでいいのか?

映画の最後でCCと共に旅をすることを選んだルルーシュ。だったらなんでシャーリーが生きている世界線にしたのか。

わざわざかませ犬的な役割の為に生き返らせたのか。そもそもCCと結ばれるというのが公式の既定路線だったのかもしれません。

あと思ったのがCCがルルーシュの意識を取り戻す旅で何度も諦めそうになった言ってましたが、そこの描写が圧倒的に少ないです。

やっぱりこの二人が結ばれるのであれば、戦闘シーンは半分くらいにしてCCが苦悩するシーンを追加するべきだと思いました。まぁ自分がその方が好きというだけなのですが。

次回作があってもまたナナリー救出大作戦になりそう

もうこれで次回作は無いと思いますが、もし次あるとしたらまたナナリーが誘拐されるような気がします。その方が物語が作りやすいですしね。というか誰かしら誘拐されるんじゃないでしょうか。

それかCCとナナリーが誘拐されるとか。それだったらお得意の頭脳戦も展開出来ますし、ファンは取り敢えず手放しで喜ぶと思うので5年後くらいにそんな劇場版が作られたら面白いですね。

スポンサーリンク

コードギアスシリーズはこれで完結!?

congerdesignによるPixabayからの画像

先述で少し触れましたが、次回作はさすがに無いでしょう。アニメ版の補足としてのファン向けの映画であればこれで良いような気がします。実際に見終わったとき、「ルルーシュが生きてて良かった~」と泣いている人がいたのでファンにとっては良作なんだと思いました。

けれど1本の映画としてみるなら、手堅い内容だけれども色々とツッコミどころがある作品になっていると。自分は友達と観に行きましたがその話で盛り上がったので、誰かと見に行くことをお勧めします。

最後までご精読して頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事