滝沢カレン一座の第一回公演に行きたかった話 ※ネタバレなし

3/27(水)滝沢カレン一座第一回公演が開催されました。

脚本・演出を滝沢カレンさんが手掛けているとあって行きたかったのですが、結果的には行けませんでした。チケットを取れず悔しかったので、このやり場のない思いを今回は書いていきます。

※公演を観たわけではないので、そこはご了承下さい。

スポンサーリンク

見たかった"滝沢カレン一座の第一回公演"

滝沢カレンが手掛ける舞台とは

3/13(水)滝沢カレンさんのInstagramライブで発表となった今回の公演

内容については宣伝用のチラシの裏に書いていまして↓↓

この話には私たちが気付けなかった、いや気付こうとしてなかった物事が詰まっている可能性があります。私の夢の1つであった「物語りを作る」が今、現実となろうとしています。

一緒にこの目で見ましょうよ!1人じゃ何もできない、でも人が1人でも増えるとどんどん夢が現実に向かって走り出していくようで、この舞台は私からずっと手ばなしたくない大切な大切な子供(物語)です。これが、第1作品だ!と天にものぼる声で言えるんだというステキな私の宝物です。全てがゼロからいや、ゼロという数字にもかけない、なんてことない私の、特別な幕をどうか開かせてください。

夢の世界へ、いま。

これだけでは正直どんな舞台になるかわからないのですが、わからないからこそ行きたかったんですよね。

あの独特な感性から生み出される世界観はこの目で見たかったです。

チケットは争奪戦だったのか?

会場が新宿シアターモリエールだったのですが、収容人数が186人なんです。

これに対して、滝沢カレンさんのインスタのフォロワーが約140万人

この時点で、会場選びがおかしいんです。確かに小さい会場の方が良いのは分かるのですが、せめてもう少し大きい会場でして欲しかったです。

なのでチケット先行は当たり前のように外れました。

けれど、公演日当日に当日券が出るというアナウンスが!藁にも縋る思いで抽選に参加しました。

これが抽選券です

抽選に参加された人は45人くらいでした。そして当選された人はだいたい10人くらい。

だいたい当選率は22%だったのですが、見事落選。

それでもおしかったのが、自分の後ろの34番の人は当選したんです。1番違いで外れたので、もう本当に悔しくて悔しくて。何でもう少しゆっくり来なかったんだろうとかついてないなぁとか自分の力ではどうしようもないことだとわかっているのですが、引きずってしまいます、、、

このあとバッティングセンターに行って一人情熱を振り回して悔しさを紛らわせてました、、けど行きたかったなぁ、、、

スポンサーリンク

余談:追加公演か次回作に期待したい

もしかしたら応募者多数で追加公演があるかもしれませんし、今回の公演が好評だったら第2回、第3回と続いていくかもしれないので、次回以降に期待したいです。

それに第1回目だからという理由だけで観に行っている人も多いと思います。なんなんですかね、1回目とか内容と関係のないところに価値を見出す風潮は。本当に観たいと思っている人に失礼と思わないんですかね。

まぁ行けなかったので、ただの負け惜しみにしか聞こえませんが、、、次回は何としてでもチケットを取りたいです!

最後まで、ご精読して頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事