【SiM】フェス定番6曲+おすすめ7曲 これを聞いてからフェスに行こう!!

そろそろ春フェスの時期
SiMもいくつか春フェスに主演が決定していますよね

今回は、SiMを初めて聞くという人向けに
定番曲とおすすめ曲を書いていきます

スポンサーリンク

フェス定番6曲!!取り敢えずこれを聞いておこう!

① KiLLiNG ME

アルバム『SEEDS OF HOPE』の1曲目を飾るSiMのキラーチューン

SiMの人気を決定づけた曲で、フェスでは必ず披露されライブ中1番盛り上がるといっても過言ではありません。 歌詞の"4:19 PM"という部分に注目して聞いてみて下さい

② Blah Blah Blah

メジャー1stアルバム『PANDORA』のリードトラック
ボーカルMAHさんが「オナナナ~」と歌いだせばこの曲の合図
変調が多い曲ですがこちらもモッシュにヘドバンとフロアが一気に荒れまくります
ぜひ聞き込んで歌えるところは一緒に歌いましょう

③ GUNSHOTS

アルバム『THE BEAUTiFUL PEOPLE』に収録されている1度聞いたら
頭の中でループするシンセのメロディーとスカ要素が特徴の曲

MV中でもある"モンキーダンス"を踊ってフェスでは楽しみましょう。

④ Faster Than The Clock

アルバム『SEEDS OF HOPE』に収録されている疾走感あるリフが印象的な曲
ライブでは定番でないのですが、野外フェスで演奏されるとあちこちでサークルモッシュが出現する曲なので知っている方が楽しめます。

いつかのラブシャではPAを中心に巨大サークルが出来ていて空からの映像を見たら圧巻でした

⑤ Amy

イントロのインプレッシブなギターリフが魅力の
アルバム『LiFE and DEATH』のリードトラック

曲中のハンドコントロールエフェクターで演奏するSINさんの変幻自在のベースがカッコいいですよね。MVではMAHさんのツーステップが見れるので、マネされる人は是非参考にしてみて下さい!

⑥ f.a.i.t.h

シングル『EViLS』に収録されているCrossfaithのKoieさんとのコラボ曲
この曲ライブとフェスでは最後に披露され、MAHさんが左右に分かれるように合図を出すので それを見逃さずWOD(wall of death)を体感しましょう
去年のDPFではcold rainのMasatoさんとONE OK ROCKのTakaさんともコラボして話題になりましたよね

フェスでは新曲を披露する確率は高い!!

これはどのバンドにも同じことが言えるのですが、
フェスでは定番曲に加えて新曲も披露されるので併せてチェックしましょう!

クールなサビが聞きどころの
"Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018"のテーマ・ソング"DiAMOND"

MAHさんのプロレス愛が爆発している"WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム"のテーマ・ソング"LiON'S DEN"

スポンサーリンク

次はおすすめ7曲!!気になる人はこちらもチェック!

① JACK.B

アルバム『LIVING IN PAiN』の1曲目に収録されているSiM初期の人気曲
イントロの早口から一気に畳みかける攻撃的なサウンドの曲。
人気曲なんですが、フェスではあまり聞かない印象です。

ちなみにこの曲のMVのマリリン・マンソンみたいなMAHさんの髪形は自身で切っていたと
"Cyan presents BLACK × BLUE"のイベントで言っていました。

② RiOT

ミニ・アルバム『 i AGAINST i 』の1曲目に収録されている曲。MVの船上のライブ映像は迫力満点なので要チェックです!

曲自体は2:30となっていますが、かなり変則的で内容が濃く感じられます。まさにSiMらしさを如実に表している1曲。

③ MAKE ME DEAD!

アルバム『THE BEAUTiFUL PEOPLE』の1曲目に収録されているテンポの転調が多い曲。
初めて聞いたら良い意味でノリにくいかもしれませんが、聞けば聞くほど曲の良さがわかる作りになっています。この曲も人気曲となっているので是非チェックを!!

④ Upside Down

アルバム『PANDORA』の最後に収録されている曲

この曲の歌詞ではMAHさんの高校からレコード会社からクビになり"Killing me"がヒットするまでの葛藤を包み隠さず描いています。

聞けばSiMのルーツを知ることが出来る1曲となっています。

⑤ TxHxC

ファーストアルバム『Silence iz Mine』に収録されているSiMの伝家の宝刀

ライブではMAHさんがサークルモッシュを煽り会場の熱が一気に上がります。初期の曲ですが、この頃からSiMの音楽性が確立されているのが伺えます。曲名にもある意味が隠されているのでチェックしてみて下さい

⑥ Get Up, Get Up

アルバム『LiFE and DEATH』の1曲目に収録されているハードなサウンドから一転レゲエに転調するアッパーチューン。

どんな状況でも立ち上がろうと聞く人を奮い立たせてくれる歌詞がポイント。"靴ひもを結ぶ"と歌詞に出てくるのはシューズメーカーVANSのコンピ『VANS COMPILATION LOUD SESSION!!!! VANS×BANDS 2』に曲を提供しているためだと思います。

⑦ FUCK iT ALL

アルバム『LIVING IN PAiN』 の最後を飾るクソカッコいい曲

不条理な気持ちの時ってありますよね?そういう時に聞けば、最凶でマッドなサウンドが突き刺さる事間違いなしです。

ちなみにMAHさんの今のtwitterのアイコンは、2018/3/1(木)『“A / The Sound Of Breath” 発売記念特別ライブ』でこの曲を演奏している時の写真です。

最後に追記など、その他もろもろ

SiMのおすすめ曲をズラッと書いてみましたが、「あの曲もあるよな、、」とか最後まで選曲するのが難しいと思いました。もしSiMファンの人が見て下さっていたらアドバイス等頂けたら幸いです。

最後までご精読して頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事