DEAD POP FESTiVAL 2019 曇り時々雨だった1日目のライブレポ

6/22(土)DEAD POP FESTiVAL 2019 の1日目に行ってきました。

会場は、川崎市東扇島東公園特設会場。近くに羽田空港があるのでライブ中に飛行機が飛んでいるのが結構見えたりもします。

今回は、 DEAD POP FESTiVAL 2019 の1日目のライブレポを書いていきます。

スポンサーリンク

DEAD POP FESTiVAL 2019 の1日目のライブレポ !!

DEAD POP FESTiVAL 2019 の1日目 ~前半戦~

INNOSENT in FORMAL

『CHAOS STAGE AUDITION』に行ったので、当日しっかりINNOSENT in FORMALを見ようと思ったのですが始める前に雨脚が強くなってきました。なのでレインコートを取りにクロークに行くと案の定長蛇の列が、、

結局見れたのは最後の1曲のみ。それでもオーデションの時と変わらないライブをしていてブレない姿勢がカッコよかったです。ぽおるすみすさんがMCの途中で言葉に詰まって「凄すぎて言葉を失っちまったぜ、アーイ」と言っててめっちゃ頭に残りました。

ヤバイTシャツ屋

この日は1番ヤバTのお客さんが多かった印象です。物販も1番並んでましたし。というか去年も並んでたっけ、ヤバT人気恐るべし。

ライブは、1曲目から"あつまれ!パーティーピーポー"、"Tank-top of the World"とアッパーチューンを連チャンしたヤバT。さらに終盤では、"ヤバみ"、"ハッピーウェディング前ソング"、時間が余ったからと"貴志駅周辺なんもない"と一度も攻撃の手を緩めないセトリでしたね。

MCではこやまさんが「偏差値低くなってください」と言ってましたが、その言葉の通り思いっきり暴れまくる会場。まさにトップバッターに相応しい盛り上がりを見せていて凄いなと感心してしまいました。

ハルカミライ

本当かどうかわからないんですが、ハルカミライって略称「ハルミ」って言うらしいんです。

ハルミの前にトイレに行ったんですが、ここでも長蛇の列が。今年のDPF2019の改善して欲しいところは男子トイレ。個室のトイレしかないのでサイクルが遅いんですよ。

途中からライブを見たのですが、その時は学さんがPAのところまで行っていました。MAHさんがライブを見て引くと言っていましたが本当に凄いですよね。なんでそんなことになるのかと。

"アストロビスタ"の時のイントロで関さんが少しミスって、学さんが「チューニング間違えたやつ今日誕生日です。」とカバーしていました。あと、学さんが言っていたのですがハルカミライはSiMと同世代のバンドのプッシュがあってDPFに出ることになったみたいです。バンドマンに評価されているのは大きくて、CAVE STAGEに行くのも時間の問題ですかね。

Dizzy Sunfist

この日のあやぺたさんはMCで噛み噛みでした。それでもSiMがいつも自分たちのことをきにかけてくれること、3回くらい酒絡みで迷惑をかけたこと、夢を見させてくれて夢を叶えさせてくれてありがとうと感謝の言葉を多く言っていました。

ライブは新曲"STRONGER"、会場全体が歌って踊って一体感が感じられる"Tonight,Tonight,Tonight"、キラーチューンの"The Dream Is Not Dead"と雨の中でもしっかりと盛り上げている姿はカッコ良かったです。


Dizzy前の雨が降っている会場の様子

EGGBRAIN

SiMが初めて九州行ったのはEGGBRAINのツアーで、2008年京都大作戦で一緒になった時にはジョーイさんがCDを渡してくれて頼もしかったなどSiMとは昔からの付き合いがあるEGGBRAIN。

ジョーイさんが「DEAD POP1年生です」とSINさんに言ったら「ここで(自分の胸を指しながら)伝えればいい」と言われたみたいです。これはSINさんらしいんすかね?

「周りに流されるなよ自分のスタイルでかかってこい」と会場を煽り、過激なMVで有名な"VITAMIN"にメッセージ性の強い"MUZIC"、最後は自分の好きな"SEVENTEEN"で終了。

SHISHAMO

SHISAMOとSiMが初めて対バンしたのはスペシャ列伝で、その時に楽屋が一緒だったらしいです、、スペシャの人は何を考えてそうしたんすかね。

DPF2019に出演するきっかけは、年末のフェスで一緒になった時にSHISHAMOからお願いして実現したそうで、川崎出身のバンドというのと3人ともSiMが好きというのもあるからだとか。個人的にはROCK IN JAPANに出ないバンドという共通点があるからというのも大きかったんじゃないかと思ったり思わなかったり。

ライブは、「MAHさん好きな女に送ります」との少し毒づいたMCの後の"バンドマン"にヒットチューン"明日も"、誰でも歌えるシンガロングが心地いい"OH!"とポップでありながらロックなステージングでSHISHAMOってバンドなんだなと改めて思い知らされました。

DEAD POP FESTiVAL 2019 の1日目 ~後半戦~

SIX LOUNGE

SHISHAMO後にトイレに行ったので、SIX LOUNGEは途中から見ました。このバンドは、自分の中にあるガレージロックのイメージがピッタリに思えました。俗にいう正当なロックンロールだと。

MAHさん曰く飲んだらダメなバンド。一体何をやらかしたんすかねぇ。でも音楽しかないところがバンドらしいとも言っていました。

もうすでに人気はあるバンドだと思いますが、これからもっとバンドとして大きくなっていきそうなのでチェックしていきたいと思います。あとライブ中にSHISHAMOのドラム吉川さんが小走りで自分の目の前を通り過ぎていきました。これに結構周りの人は気づいていましたね。

10-FEET

1曲目からいきなり「オナナナー」とまさか"Blah Blah Blah"の出だしをTAKUMAさんが歌い「ちゃうちゃう」と言う場面が!まさかのカバーからかと思いきやでしたね。

ライブでは、"1sec."の時にウォールオブデスをするときのMAHさんのマネをしたかと思えばそれを閉じるというボケも。

10-FEETが会場入りした時に雨が思いっきり降っていて、その時にふとTAKUMAさんはMAHさんと目が合ったみたいです。そしてMAHさんが「引き受けました」と言ったみたいです。確かに京都大作戦の日程に合わせて1週間前倒しとなったDPF2019。ある程度MAHさんは雨が降るんだろうなという思いがあったからの言葉に思えます。

いよいよ来週開催される京都大作戦2019。この日のライブを見てますます楽しみになりました。

SHIMA

SHIMAの最新アルバムを猪狩さんがプロデュースをしている情報は知りつつもこの日ライブを見るのは初めてでした。

このバンドのジャンルは、メロディック・ハードコア。サビで一気に突き抜けてメロコアになるのが聞いてて気持ちいですよね。

とにかくZポーズ?をしとけばいいと聞いていましたが最後の曲だけしかやらず、、取り敢えずライブハウスで見にいこうと決めました。

My Hair is Bad

後のことも考えてマイヘアの時に食事休憩を取りました。

ライブでは、椎木さんがMCで「SiMとは2009年に初めて出会ったと思うけどMCでは思い出に頼るなと言われました」と言いつつもMAHさんの結婚に触れてから"いつか結婚しても"を披露。椎木さんはどんな人と結婚するか気になりますね。

でもマイヘアはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017でよく分からないMCをしていて苦手になったんすよね。でもこれを機に聞いてみようかと、、多分。

MOROHA

恥ずかしながらMOROHAを見るのはこの日が初めて。ちなみにDPF2019直前のLINE LIVEでSHOW-HATEさんがギターのUKを絶賛していましたね。ギター教えて貰おうとも言っていました。

難しいことを簡単にやってのけているように見えるまさにプロといえるUKさんのギターが奏でる多彩なフレーズにアフロさんの韻を踏みつつも感情が突き出ている言葉が乗っかり、まさに唯一無二の音楽を作り上げている。CAVE STAGEの会場にいた人は全員直立不動で聞き入っていました。

MCでは、フォーリミに悪態をつきつつも「ロック、パンク、ヒップホップは心を差し出すこと」という言葉が印象に残りました。

04 Limited Sazabys

この日のライブはGENさんのMCが面白くて、バックヤードにキッズエリアが出来たけどMAHさんの子供しか遊んでいないとツッコんだり、MAHさんがフォーリミのファンをタンポポいじりしてくることに対して本物のタンポンを持って開封したりと好き勝手やってましたね。

MCでは、「世界とつながっているはずなのに好きなものを言うときに周りを見てから言ったりと世界が狭くなっている。インスタを見ているとみんな幸せなんだな俺なんか駄目なんだと思わされる。色んな所にロープがあって縛られているけど今はそれを解き放って欲しい。」とグッとくることも言っていました。

サタニック2019ではトリを、DPF2019ではSiMの前を務めて次世代のバンドの急先鋒はフォーリミになってくるのかもしれませんね。

NAMBA69

CHAOSステージのトリを務めたNAMBA69。

バンド自身がメロディックハードコアを掲げるだけあった音圧が凄いんですよね。野外でありながらライブハウスみたいになっていました。

ライブでは、難波さんが「BLOOD SUCKING DOG」でウォールオブデスを煽る場面があったりとバンド自身がこのフェスを楽しんでいる印象でした。

あとふと思ったのが、フェスでは"MY WAY"はやらないんですかね。ハジマザではやっていたいんですけども、ステージに客が上がったりすると危ないのでフェスではもうやらないのかも。

個人的にこのバンドでは自分はko-heyさんが好きで。客を煽りまくるステージングも難波さんのボケにしっかりツッコむMCもいいんですよ。11/3(日)の『CHANGES TOUR 2019』ツアーファイナルも楽しみです。

SiM

1曲目は"A"からスタート。さらには"Here I am"、"Same Sky"、"EXiSTENCE"と普段フェスではやらない曲が演奏されました。自身のフェスなので当たれ前と言われればそうなんですが、15周年記念(本当は14周年)CLASSiCKS TOURでMAHさんのマインドが変わったからのように思えます。"Here I am"とかはまさにCLASSiCKS TOURがなければやっていなかったのではないかと。

MCではペットボトルが投げられることがほとんどなかったことに感謝していました。実際に会場にごみを集めるスタッフを配置したのが良かったのだと思います。それでも靴が投げられることに対して「靴の結び方わかる?君達赤ちゃんだから全部教えないといけない」と言っていました。確かに靴は本当によく脱げて転がっているんですよね。これの対策は難しいですね。

終盤で「おれは死ぬのが怖い、いつじじいの車に轢かれるかわからねぇから。でもでもでも今日だろ!」というMAHさんの言葉が印象的でした。お子さんが生まれてから考え方が変わって、最近の高齢者ドライバーの事故のニュースに対しても他人事に思えなくなってきているのだと。いつ自分がいつ子供が被害者になるかわからない世の中。それでも昨日の自分より成長した今日の自分になるために全力で今を生きる。

考え方が変わっているところはありつつも、根底にあるバンドマンとしての思いはまったく変わってないですね。

スポンサーリンク

余談:大人見した1日目


これ実は2日目終了時の写真

1日目は自分はずっと大人見していました。前方ブロックにいかずに真ん中より少し後ろくらいで聞いていました。普段はそんなことないのですが、1回やってみたかったんですよね。

確かに体を動かしたかったという気持ちは残りましたが、普段見ないステージングやちゃんとライブで聞けていない曲をじっくり聞くことも出来たのでこれはこれで良かったです。これから大人見も増やしていこうかな。

最後までご精読して頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事